囲碁と地元をこよなく愛するブログ


by porthault

いごしょうぎクラブ

以前にも書いた通り、私は囲碁を覚えたのは時期が早かったのですが、父以外に周りに打つ人もなく、また、正式に教えてくれる人もなく、小学校で7、8級くらいだったのでしょうか。

4年生の2学期ときに引越しをしたのですが、何と転校先には「いごしょうぎクラブ」があるではないですか。早速、クラブに申し込み、わくわくして初日を迎え、教室に入ったところ、将棋のセットはあるが、囲碁はない...変わりに牛乳キャップの印刷面が黒く塗られた変なものがあるではないか。も、も、もしやこれは、 ...オセロ。

先生に改めて尋ねると、囲碁はできないとのこと。子供ごごろにハートブレイクした頃でした。
しかも私は将棋はとても弱かった。

今日の対戦成績:これから勝負!
[PR]
by porthault | 2005-01-29 02:23 | 囲碁