囲碁と地元をこよなく愛するブログ


by porthault

花月園競輪場

私の家の最寄り駅は京急でいえば「花月園前」である。花月園といえば、いわずと知れた競輪場。よく、囲碁のプロ棋士の本を読んでいると競輪好きの人が多く、競輪の話題がでるので実際どんなところなんだろうと、去年の秋口あたりに見学?にいってみた。

まず、駅からの道が異様である。まるで、「競輪場に行き返りする以外は寄り道しないでください」といわんばかりの厳重なガード。このため、初めていくにもかかわらず、どこに行けばよいのかが分かる。さて、100円の入場料を払って、場内に入ると基本的には競馬場と変わらない。ただし、客層がぜんぜん違うことにすぐ気づく。競馬場であれば、私なんかはまったく目立たないのですが、ここは異常に目立つ。まるで、政治の世界で40-50代が若手といわれる様に実にオヤジ度が満点である。この辺は若者離れが目立つ囲碁と共通しているではないでしょうか。この話題はまた続きを書きます。今日の対戦成績:1勝2敗:相手が強く完敗。
[PR]
by porthault | 2005-01-31 02:32 | 地元ネタ