囲碁と地元をこよなく愛するブログ


by porthault

初詣

今年の初詣は川崎大師。お願いごとは、昇段かな?

いつもは閑散としたお寺ですが、正月だけは人、人、人です。
出口に一番近い天丼屋でおいしい昼食をとり、満足して帰宅しました。

c0039526_1505594.jpg
[PR]
# by porthault | 2006-01-02 01:51 | お寺

大掃除にて

一年の大掃除の最後は週間碁のスクラップ。A3のファイルを買ってきて、穴あけパンチをしてファイリングします。

昨年はサボったので2年分の作業をすると大変です。A3ファイルで約半年分。買って来たファイルも全て使ってしまったので、残りはまた来年です。c0039526_14847.jpg
[PR]
# by porthault | 2005-12-31 17:00 | 囲碁
9月ごろからサボったブログもあっという間に12月。来年は少しずつだけど、更新するぞ~。

来年の目標
・ブログの更新
・昇段(=詰め碁の勉強)
・体重の維持

かな!?まずは1つずつ..
[PR]
# by porthault | 2005-12-29 15:56 | 雑談

YesNightに参加しました

YesNight参加してきました。最初は行こうかなと少し迷っていたのですが、HPをみていたら、定員あとわずかとなっていたことに触発され、堀さんの主旨に賛同して一市民として参加してみよう、と自分の中ではありますが、勇気を振り絞って参加してみました。

会は予想を上回る盛り上がりを見せ、最後には壇上に発起人一同があつまり、黄色いYesFlagを手にプロジェクトの成功を誓いました。

c0039526_237476.jpg



会の中で、「プロジェクトを推進していくのは発起人ではなく、参加者1人1人」と堀さんが話されていましたが、自分もその1人として少しでもその役割ができればと思っています。
[PR]
# by porthault | 2005-09-08 02:38 | 雑談

パターンなるもの

さて、今日は私の仕事の話に関連しますが、情報システムまわりの仕事をしていると、「パターン」なるものに出会います。

これは一体何のことかと言うと、プログラムを書くコンピュータ言語はいろいろな書き方があり、それ故に複数の人が参画するプロジェクトでは、油断しているといろいろな流派のスタイルが混在してしまい、収集がつかなくなってしまうことがよくあります。そのような状況のなかで、この業界のエキスパートが切磋琢磨し、特定の状況の中でプログラミング(設計)のスタイルを洗練させていったセオリー集というべきもののことを指すのです。

この「パターン」なるものを学んで、現実の場で応用するには、表面的な決まりごとだけでなく、本質的な意味を理解しないといけません。ですので、この手の教科書には、丸暗記だけではダメで、一通り理解した後に、自分で使ってみて...といろいろと但し書きがあるのですが、囲碁をやっている人の中でこれは「定石」そのものと捉えれば話は早いですね。

長い碁の歴史のなかで、ある特定の手順が多くの人に検証されて互角だと評価されてきたのが、「定石」。「定石」にはそれぞれ活用しやすい周りの石の配置や「定石」後のアフターフォローが大事です。「定石を覚えて2目弱くなり」といわれるように、丸暗記しただけでは、逆効果ということは皆さんご理解いただけると思います。

「パターン」もまたしかりで、うろ覚えで使ってしまうと、やってはいけない「パターン」=「アンチ・パターン」になります。定石も一路ずれれば、大悪手。「アンチ・定石」ですね。
[PR]
# by porthault | 2005-09-07 02:47 | 囲碁
こども囲碁フェスタで、梅沢由香里さんに会ってきました。

今年も秋の到来とともに、「第8回経営と囲碁を語る」セミナーが開催されます。

開催要領は幹事さんのページに譲りますが、今回は梅沢由香里プロの初登場です。

発起人の堀さんとともに、囲碁と経営に絡めてどのようなお話をお聞きできるのか、非常に楽しみです。

囲碁を知っている方も、知らない方も是非ご参加ください。
[PR]
# by porthault | 2005-09-05 07:07 | 囲碁

いざ、飛騨高山へ

8月は死亡説が流れるくらいブログを更新しませんでしたが、
バックデートで記事を書きます。

今年の夏の旅行は飛騨-下呂温泉へ。DIS交流会の温泉旅行をきっかけにして、以前より温泉そのものをよく観察するようになりましたが、下呂のお湯は非常に濃いせいか、「ぬるぬる」するお湯でした。
流し場の蛇口からも温泉が使われていましたが、他の温泉ではどうなのでしょうか。

c0039526_644621.jpg




以前に下呂で本因坊戦が行われていたのを覚えていましたが、
ちょっと調べてみたら、亡くなった加藤本因坊の最後の防衛戦でした...
c0039526_6492223.jpg
[PR]
# by porthault | 2005-08-14 06:19 | 囲碁

花火大会

みなとみらい

こちらは調布花火大会にいってきました。(23日)

開催前に地震でびっくりしましたが、無事大会が行われました。
河川敷の花火大会なので、開放感がありました。

Passionさん、囲碁大会参加できず、ごめんなさい..

c0039526_20485688.jpg
[PR]
# by porthault | 2005-07-24 20:48 | 囲碁

久しぶりの真剣対局

久しぶりに真剣対局をしました。

相手はDIS強豪の囲碁ブログさん。手厚くというか、じっくりとにらみをきかすように打たれて貫禄負け。

もちろん相手は強いのですが、まず自分に勝たねば。小手先のテクニックより、まずしっかり打つことを心がけよう。
[PR]
# by porthault | 2005-07-21 01:48 | 囲碁

互い先の感覚

互先に目覚める

たしかに、ネット碁で互い先を多く打つようになって、形勢判断の感覚が少し研ぎ澄まされるように思う。むかし、松多さんのページで「ネット碁はあまり集中できないので、実際の盤で打つよりは上達はしないが、そうはいえ、打たないよりマシ。」「しばらく打たないでいると1目、半目の感覚が鈍ってくるから~」のような主旨で書かれていた(ように思う)。

自分はそこまで上手ではないので、この辺までの感覚は分かりませんが、時間のないネット碁で目算できずに、終盤を迎えると大体コミがかりで勝っているか負けているかだんだんわかるようになってくるようになる。。

置き碁の場合は逆に難しいですね。差があって当然なので、お互いにどの辺で仕掛けるか非常に迷ってしまいますから。(黒の場合は勝っているのが普通、白の場合負けているのが普通なので)
[PR]
# by porthault | 2005-07-03 15:32 | 囲碁